« 本日も営業日和♪[第7回] | メイン | 【営業ガールacoのステキ!日記】木村式自然栽培米「朝日」のお田植え祭に参加☆ »

モバイル速度調査をしてみた イー・モバイル LTE v.s.WiMAX –in 倉敷駅–

Hikakuthumb 7月からスタートしたTikiTikiの「イー・モバイル LTE」、エリアは随時拡大中ということで「下り最大75Mbps/上り最大25Mbps」のサービスが利用可能な地域を調べていたら・・・

なんと、倉敷駅(岡山)周辺が対応エリアになっていましたflair

まずはこちらからイー・モバイル LTEのエリアをチェック!

Emmap_2
すると、倉敷駅周辺がLTEのエリアになっていますsign03

いったいどのぐらいの速度がでるのか試してみたいdashと思い、最新の端末Pocket WiFi LTE GL04PをゲットしてTikiTiki大王と倉敷みらい公園に行ってきました!!

と、その前に・・・

TikiTikiには高速通信ができるモバイルサービス「WiMAXサービス」と「イー・モバイル LTE」がありますので、両方持っていって速度比較impactをしてみましょう!


ということで、倉敷みらい公園に到着!
Daioukm

今回の測定場所は倉敷の三井アウトレットパーク内のカフェテリアにて行いました。(雨が降っていたので測定が屋内になってしまいました)

そして、利用した機器はこちら!

Kiki_2

速度測定には7インチのレグザタブレットを利用し、モバイルルーターは以下の2機種を用意しました!

上:「イー・モバイル LTE」対応のGL04P
下:「WiMAXサービス」対応のWM3600R

Gl04plte_2

(GL04P)

3600wm_2

(WM3600R)

LTEはバッチリ電波が入っていますが、WiMAXは少し電波が弱いみたい?



さて、測定結果は!?

屋内での速度測定ということになりました、どういった結果になったのでしょうか。
今回速度測定に利用したAndroid向けアプリは『RBB TODAY SPEED TEST』です。

測定結果

1回目

2回目
イー・モバイル LTE(GL04P) 14.34Mbps/14.20Mbps 13.37Mbps/10.21Mbps
WiMAX(WM3600R) 3.81Mbps/0.55Mbps 3.72Mbps/0.58Mbps

※ 表中の数値は下り/上り


今回はWiMAXに差をつけてイー・モバイル LTEが勝利!


”最大下り速度はお互いに40Mbps以上なのになぜこんなに差がついたのでしょうか?イー・モバイル、WiMAX共に速度測定の環境が変われば速度も変わるのはしょうがないのだけど・・・・”


ちょっと調べてみたところ「WiMAXは屋外に強いが、屋内だと弱い」という情報がちらほら、原因にはそれぞれの採用している周波数帯の特性も影響があるみたい・・・・・なるほど。

「イー・モバイル LTE」も「WiMAXサービス」もそれぞれ魅力があります、ご自身のご利用環境に合ったサービスを選んでくださいね。

失敗しないサービスの選び方こちら


最近では有線のインターネット回線を使わず、モバイルデータ通信を利用し回線をまとめている方も増えてきているそうです。モバイル通信の導入を検討している方は、ぜひ新サービスのイー・モバイル LTEを選択肢の中に入れてみてください。


【関連記事】
EMOBILE LTE対応「イー・モバイル LTE」新登場! 
【ひろりん先生のインターネットかわら版】第5回・LTEの巻
WiMAXコース プラン24/WiMAXオプション プラン24特集

フォローしてね

tikitiki_jp Twitter公式アカウント
mixiページ 公式mixiページ
フォトアルバム