« クリスマス一色 | メイン | 今年のお正月遊びは「塗り絵」♪ »

地元再発見!みかん狩りとカキ満喫 in 日生

みかん狩りツアーB-1グランプリの「カキオコ」で有名になった岡山・日生(ひなせ)。秋から冬にかけてカキ(牡蠣)を味わうのはもちろん、島でみかん狩りができるのをご存じですか?
今回は日生観光協会さんのお声かけにより、TikiTiki大王はじめTikiTikiスタッフ有志が日生の冬の幸を楽しむツアーを体験してきました!

今回のツアーは、日生観光協会さん他、東備・西播(岡山県東部~兵庫県西部)の観光協会主催の「まちぷら東備・西播」というもの。瀬戸内が満喫できるツアーです。
その第一弾、2011年12月18日に催行された「船で行く瀬戸内の島みかん狩りと焼きカキ『みかんお土産付き』」に参加してきました。

■日生駅に集合!電車じゃなくて船に乗る

集合場所は朝9時半に、JR日生駅。

日生駅

私たちが到着した時にはすでにたくさんの参加者が集まっており、ワイワイと楽しい雰囲気。今回は総勢30名と盛況です。

今日は島に渡りますよ 「カキオコのぼり」がたくさん!
▲今日は島に渡りますよ ▲「カキオコのぼり」がたくさん!

まずは日生駅周辺をカキオコのお店などを横目で見つつ散策。お店からはなんとも香ばしいにおいが…。
「もう、カキオコ食べちゃう?」という空気になってきたところで、残念ながら、みかん狩りの島へ行く船の出港の時間が近づいてきました。後ろ髪を引かれつつ港へ。

港にやってきたぞ! 今日はこれに乗るのじゃ
▲港にやってきたぞ! ▲今日はこれに乗るのじゃ

船に乗り、テンションが上がる一行!船に乗ると旅行気分が一気に高まりますね。

やっほう、船、船! カモメがついてきました
▲やっほう、船、船! ▲カモメがついてきました。「かわいい!」と歓声が

地元ガイドさん

青のハッピがステキな地元ガイドさん(このハッピはとっても目立つので、ついて行けば迷子になりません)。島の歴史やカキいかだ、のりの養殖場などの興味深いお話を聞けました。

これから歩いてあの橋を渡るでー
▲「これから歩いてあの橋を渡るでー」「え、歩いて!?(耳を疑う)」

■頭島に到着

程なく、頭島(かしらじま)の船着き場に到着。

ようこそ頭島へ

ここから、となりの鹿久居島(かくいじま)のみかん園まで歩いて行きます。実はこのツアーは「ウオーキングツアー」だったのでした!それを知らずに参加したTikiTikiスタッフもいましたが、覚悟をきめて、さあ出発!

途中、カキの殻をむいている工場を見学させていただきました。皆さんものすごい手際の良さで殻をむいていきます。取り扱うのが生ものなので、寒い中作業されていました。このご苦労があってこそ、美味しいカキが楽に食べられるんだなあとしみじみ感謝。

カキの種付け用の貝殻 カキの工場にお邪魔しました
▲カキの種付け用の貝殻がうずたかく積まれていました ▲カキの工場にお邪魔しました

その後は、坂にさしかかり、本格的なウォーキングの様相。運動不足の体に堪えますが、良い天気と澄んだ空気が気持ちいい!瀬戸内の自然を満喫です。

■橋を渡って、みかん狩り

頭島から鹿久居島へ行くには橋を渡ります。

船から見えていたあの橋です 橋の上からの瀬戸内の眺めは最高!
▲船から見えていたあの橋です ▲橋の上からの瀬戸内の眺めは最高!

途中、道を間違えそうになったりしながら、無事みかん狩り会場へ到着。

みなみ農園さん わーい、みかんじゃ!
▲今回お世話になった「みなみ農園さん」 ▲わーい、みかんじゃ!

美しいみかん!
▲美しいみかん!

日当たりの良い斜面にみかんがたくさん、自分で採って食べるみかんは最高です。もちろんお店で売っているものより瑞々しく、酸味と甘みのバランスがたまりません。あと、木ごとに味が違うのも、みかん狩りならではの発見です。

■殻付きカキで腹一杯!

みかんでお腹を満たした後は、お待ちかねの焼きカキを食べます。やっぱり日生に来たからにはカキを食べて帰りたい!

焼きカキ会場(?)は、みなみ農園さんの近くの小学校跡地。ブルーシート+長机が見事にセッティングされており、さながら季節外れのお花見のよう。その奥には殻付きカキが炭火で焼かれています!

カキが焼けるまで、手作りのカキご飯弁当に舌鼓。カキと野菜たっぷりの味噌汁付です。

手作りのカキづくし弁当 カキがでかい!
▲手作りのカキご飯弁当。果物の柿入りなのはダジャレ? ▲カキがでかい!

そうこうするうちに、カキが焼けました!

焼きカキ!
▲バーン!!!むむぅ(目の前にすると、もう言葉も出ない!)

カキのエキスがぎゅっと凝縮されています。レモンを搾っていただきます。うーん、幸せ!
あと、今回の大発見はなんといっても「蒸しカキ」。日生のスタッフの方が焼きカキとあわせて用意してくださいました。これが、実にふんわりして驚きの美味しさ。焼きカキより好きというTikiTikiスタッフも。お釜に少しの水を入れて蒸して、殻の口がぱかっと開いたら食べ頃だそうです。

その後も、日生のスタッフの方がカキをどんどん焼いて、蒸してくださり「ほりゃ、できたでー。食べて、食べて!」と勧めてくださいます。つられて、もう何個食べたかわからないくらいのカキをいただきました。ごちそうさまでした。

実はみかんとカキは少し時期がずれるらしいですが、日生観光協会さんの両方楽しんでほしい!という粋な計らいで実現したツアーだそうです。まちの達人おすすめの“まちあるき”コースの看板に違わない内容で、もう、大満足!

来た道とは違う道を通って、帰ります。良い腹ごなしになりました。

たぬき台展望台に寄り道
▲たぬき台展望台に寄り道、遠くは小豆島まで見えます。

また、頭島のフェリー乗り場から日生港に戻ってきました。

Hinase1112_23
▲みかんとカキをたくさん買ってホクホクのTikiTikiスタッフ。

また来たい~!

「まちぷら東備・西播」はこの冬、他にもツアーを予定されているそうです。
詳しくは日生観光協会さんまでお問い合わせください!

日生観光協会・ホームページ
http://hinase-kanko.jp/

岡山への旅は「TikiTikiトラベル」で。JRセットプランがお得
http://www.tiki.ne.jp/travel/

Hinase1112_24
▲お土産のみかん、コタツでいただきましたのじゃ!うまい!

(編集部・シバヤマ)

【関連記事】
B-1グランプリin姫路に行ってきました
TikiTiki大王と韓国・釜山に行って来ました

フォローしてね

tikitiki_jp Twitter公式アカウント
mixiページ 公式mixiページ
フォトアルバム