« 2010年5月のカレンダー壁紙を公開! | メイン | 「市場ふくふく通り」に行ってきました! »

ふくふく工務店“IT”繁盛記-第2回・ドメインの種類

ご説明いたします前回のあらすじ)
とある街の工務店「ふくふく工務店」
新人ホームページ担当・鳥越くんは、取引先の猫田さんの名刺に書かれていた、短くてわかりやすいホームページ・メールのアドレスに目が釘付け!
自社でも取り入れたいと福本社長に提案するものの、導入のメリットをうまく説明できず却下される…。
「社長を説得するには、もっとサービスのことを知るべき」と先輩の大橋さんに促され、TikiTikiに電話をかける鳥越くん。
そこで、「企業でドメイン取るなら『co.jp』ドメイン」と勧められたのですが…。

ふくふく工務店IT繁盛記 第2回

■登場人物

鳥越くん 鳥越くん
ふくふく工務店の若きホームページ担当者。
大橋さん 大橋さん
ふくふく工務店の敏腕営業マン。鳥越くんの良き先輩。
福本社長 福本社長
ふくふく工務店の社長。インターネットに疎いが、予算には厳しい。
TikiTiki法人窓口 TikiTiki 法人窓口のオペレーター
ドメインに詳しい。
猫田さん 猫田さん
取引先の設計事務所の設計士。スマート。
乾社長 乾社長
ふくふく工務店のライバル「いぬい建設」の社長。福本社長とは腐れ縁。

鳥越くん: 弊社の場合、どんなドメインにするのが良いのでしょうか。
TikiTiki: 法人様の場合、最もおすすめするのは「co.jp」です。

企業なら「co.jp」

TikiTiki: 「co.jp」は、企業向けのアドレスとして、
  • “日本国内に登記のある企業”が
  • “1組織につき1つに限って”登録可能
という厳密なルールのもと、登録・管理がされてきました。
このため、一般のインターネットユーザ調査(*)でも、「co.jp」といえば『日本の安心感と信頼性のあるホームページ・メールアドレス』というイメージの定着が確認されています。だからこそ、一部上場企業の98%(*)もが登録をしているのです。
*:2008年7月、JPRS調べ(小数点第1位を四捨五入。
鳥越くん: なるほど。一目で日本企業のホームページとわかるので、お客様からの信頼感が違うのか…。ビジネスで使うなら「co.jp」ですね!
ところで、最近「.jp」だけのURLも見たりするのですが、「co.jp」とは違うドメインなんですか?
TikiTiki: 「.jp」のことを汎用JPドメインといいます。一方、gTLDで最も有名なものは「.com」です。
鳥越くん: ドットコム(.com)は聞いたことがあります!
TikiTiki: 汎用JPドメイン(.jp)は日本国内に住んでいる人なら誰でも、gTLD(.comなど)は国内外を問わず誰でも取得できます。
汎用JPドメインもgTLDもどちらも取得数に制限はないので、いくつでもお取りいただけます。
例えば、メインのホームページは「co.jp」で、商品やサービスのページは「.jp」や「.com」で運用されるお客様もいらっしゃいます。

ドメインは使い分けて賢く活用

鳥越くん: なるほど、よくわかりました。社内で検討します!
TikiTiki: ふくふく工務店様のご要望に合わせてサービスをご案内しますので、ドメインが決まったらお知らせください。

福本社長: 鳥越くん!
鳥越くん: は、はいっ。
福本社長: この間の件だけど、“あれ”進んどるかな?
鳥越くん: “あれ”…?あっ、ドメインのことですか?
福本社長: カッコイイホームページのことだよ。ライバル社の乾のところもはじめたらしい。我が社も負けてはおれん!
鳥越くん: TikiTikiに聞いたのでバッチリです!社長、ドメインには種類があるのをご存じですか。法人なら信頼のco.jpドメインが良いらしいです。ごにょごにょごにょ…
福本社長: よし。じゃあ、それにしよう。すぐに進めてくれ。
鳥越くん: かしこまりました!
大橋さん: やったな!鳥越くん。

やったー!

次回へ続く)

■ドメインサービスについてはこちらもあわせてご覧ください!
「co.jpで商売繁盛」
http://www.tiki.ne.jp/domain/cojp/
TikiTikiドメインサービス
http://www.tiki.ne.jp/domain/

■バックナンバー
ふくふく工務店“IT”繁盛記-第1回・ドメインって何?

フォローしてね

tikitiki_jp Twitter公式アカウント
mixiページ 公式mixiページ
フォトアルバム